赤柿葉(小) 10兪宛 20枚

980円(税別)/1パック

[20枚入り]1枚あたり 約49円

購入数
配送指定

合計1,500円以上ご購入で送料無料です

産地徳島県上勝
葉サイズ長さ 10兪宛     ※自然のものですので数センチの前後がある場合がございます
保存方法常温ないし冷蔵


〜 赤柿葉(小) 〜       

「赤柿葉」は柿の葉が紅葉したものです。
敷物などに使われることが多い、秋の代表ともいえるかざり葉です。

「赤柿葉」は色の入り方がそれぞれ違います。
そのため、同じ器であっても、いくつもの顔を楽しむことができます。

柿の葉は、柿の葉ずしなど古くから料理に使われることが多くありました。
これは、柿の葉がもつ殺菌効果を利用し、食べ物を保存するためです。

また、柿の葉の持つ力は殺菌効果だけではありません。

日本では、柿の葉の若葉を摘み、柿の葉茶として飲む習慣があります。
柿の葉茶はビタミン豊富で、健康に良いことから、現在でも広く愛されています。

中国では柿の葉を漢方薬として使用しています。
日本でも花粉症対策に柿の葉の成分が有効であると、サプリメントの販売がされるようになりました。

柔らかい若葉は、食用にもなります。
春には天ぷらにすることで、季節を事が感じることができるでしょう。

柿の葉の親である柿の木には、実は捨てる場所がないと言われています。

ビタミン豊富な柿の実は、そのまま食べるだけでなく、干し柿にすることで長期保存することができます。

柿のヘタは乾燥させることで薬になります。

渋柿を未熟な状態で絞った汁を熟成させた柿渋は、染め物や塗装の下地などとして利用されてきました。

また昨今では、柿渋に含まれる柿タンニンの効果が加齢臭を減らすと言われています。
広く販売されている柿渋石鹸は中高年層から、多くの支持を集めています。

さらに、果実や葉だけでなく、柿の木を材料とした、家具や桶、傘、お茶の道具なども作られています。

日本の昔話でありさるかに合戦にも登場する柿の木。
はるか昔から、私たち日本人が馴染んできた柿の葉には、多くの風情や浪漫が詰まっています。


赤柿葉(小) 10兪宛 20枚

980円(税別)/1パック

[20枚入り]1枚あたり 約49円

購入数
配送指定

合計1,500円以上ご購入で送料無料です

この商品を購入した方はこんな商品も購入しています。

  • いが栗 (青)   7〜10兪宛 1ヶ売り切れ

    いが栗 (青) 7〜10兪宛 1ヶ

    徳島県上勝

    180円(1枚入り)

    詳細をみる
  • 栗の葉  くりのは 14〜18冂度

    栗の葉くりのは 14〜18冂度

    徳島県上勝

    650円(10枚入り)

    詳細をみる
  • 千染もみじ  ちしおもみじ 長さ約5〜8

    千染もみじちしおもみじ 長さ約5〜8

    徳島県上勝

    820円(満杯詰め)

    • NEW
    詳細をみる